【ラベイユはちみつ】の店舗情報♪ マヌカハニーが人気!!

ラベイユはちみつ はちみつ
「美味しいはちみつを求めて世界中の花畑を巡るみつばちのように。」

はちみつ専門店の【ラベイユ】という社名には、このような意味が込められているそうですよ。

ここでは、ラベイユはちみつの人気商品「マヌカハニー」を紹介しています。
[adsense]

ラベイユのマヌカハニーについて

マヌカハニーの紹介♪

ラベイユはちみつ ラベイユの人気商品であるはちみつは、生産者としての経験を生かし、確かな腕を持つ養蜂家から安心で安全 そして美味しいはちみつを仕入れています。

また、まだ見ぬはちみつとの出会いを求め、毎年新たな養蜂家のもとを訪れています。

美味しいはちみつを新鮮なうちに、とりたての瞬間を届けたいというこだわりを持っており、ラベイユ独自の基準を設けたの輸独送方法や保管方法、充填などを徹底しています。
ラベイユのマヌカハニー そして、美味しさを最大限に引き出し、誰でも手軽に気軽にはちみつを楽しめるように工夫されたのが、ラベイユのはちみつ「マヌカハニー」です。

はちみつのとろける風味が家庭でも楽しめることから、オンラインショップにて人気を集めています。

名古屋の店舗情報は?

ラベイユ名古屋 大人気のマヌカハニーは、もちろんラベイユの店舗でも販売されています。

例えば名古屋ならば、松坂屋名古屋店本館の地下2階に はちみつ専門店の【ラベイユ】があります。

ラベイユ名古屋店では、「名古屋 丸の内のはちみつ」を36g 1,080円(税込)、180g 4,536円(税込)で販売中。

はちみつの量り売りもやっているので、まだラベイユのマヌカハニーを食べたことない方は是非一度、試してみてはいかがでしょうか。

【パティスリーキハチ】 東京駅の店舗情報!!

パティスリーキハチ ショップ情報
ジャンルや常識にとらわれず、吟味した素材の美味しさを最大限に引き出すためのベストな方法を常に追求して選んでいく【パティスリーキハチ】のご紹介です。

東京駅にあるパティスリーキハチの店舗情報はコチラ!!
[adsense]

パティスリーキハチについて

パティスリーキハチが大切にしていることは?

パティスリーキハチ そのために、パティスリーキハチが大切にしている4つの価値があります。

まずは【素材】。
自ら探し出した納得のいく食材であること、旬・鮮度・産地すべてにおいて安心で安全でなければなりません。

次に【ストーリー】。
食材ひとうひとつには物語があります。料理に込められた想いがあります。商品が誕生するまでにはエピソードがあります。これらを知れば、食の楽しみはさらに膨らむことでしょう。そのため、パティスリーキハチお客さまとのコミュニケーションを大切にしているのです。

そして3つめは【ホスピタリティ】。
気持ちのいい時間や心地いい時間は、空間の演出、さりげない気配り、サービスのタイミングにより生まれます。このような時間の中だからこそ、大きくなる食の喜びがあります。本物の満足を届けるためには欠かせない要素でしょう。

最後の4つ目は【オリジナリティ】。
素材の良さを最大限に引き出せる方法を常に追求すること。これこそがパティスリーキハチの特徴であるといってもいいでしょう。食へのこだわり、食を楽しむことへの工夫を徹底しているパティスリーキハチでは、軽食からデザートまで揃えており、一時の贅沢と至福な時間を提供しています。

東京駅内の店舗情報は?

パティスリーキハチ 東京駅内のパティスリーキハチは、ちょっとした電車の待ち時間にもおすすめ。

シュークリームやミルフィーユ、ショートケーキも、ホールケーキなど、一人でもみんなでも楽しめるスイーツが人気です♪

店内はカウンターが5席、テーブルが2席となっているので、混んでしまうような時間帯には入れないかもしれませんが、機会があれば是非のぞいてみてくださいね。

食べるマヨネーズが話題!! うずら屋の通販で買える♪

うずら屋の食べるマヨネーズ グルメ
「食べるラー油」「食べるサラダ」「食べるスープ」など、「食べる●●」シリーズに 今度は「食べるマヨネーズ」が登場!!

うずら屋の通販で購入できるそうです♪

「食べるマヨネーズ」や うずら屋の通販情報後半で!!
[adsense]

うずら屋の「食べるマヨネーズ」について

食べるマヨネーズ 食べるマヨネーズと聞いて私は、チューブに入ったマヨネーズを硬くしたようなものを連想しました。

しかし、食べるマヨネーズは、マヨネーズのようなクリーム状のものではありません…。

岩下の新生姜とうずら屋のコラボで開発された薄ピンク色の半熟うずらの卵でした。

その名も「プチとろ」で、お値段も1箱480円とリーズナブル!

送料がかかるので、どうせなら同梱でだし醤油漬けのプチとろも一緒に買ってしまおうかな♪

なんでも、注文が殺到していて製造が追いつかない状態になっているほど話題の商品のようです。
食べるマヨネーズ 食べるマヨネーズと言われている、うずらの卵はもともと、岩下の新生姜のファンが考案したメニューです。

新生姜の残り汁でうずらの半熟卵を漬けるとほんのり薄ピンクのマヨネーズテイストの美味しい一品になるそうですよ!

確かにマヨネーズの主原料には酢と卵がありますから、似たような味になるというのもなんとなくイメージは湧きますね。

自宅で似たようなものを作ろうと思っても、うずらの卵を半熟にするのは難しそう…。

購入はうずら屋の通販サイトで♪

うずら屋 食べるマヨネーズは、うずら屋の公式サイトにある通販ページから購入できます♪

今は注文殺到中で買えないみたいですが、落ち着いてきたら一度買って試してみたいものです。

あなたもいかが?(^v^)

【銀座ハプスブルク】 クッキーやケーキが話題!! ※お取り寄せ可能

銀座ハプスブルク スイーツ
日本にいれば色んな国のスイーツが楽しめますが、その中で【銀座ハプスブルク】のクッキーやケーキが話題となっています。

銀座ハプスブルクのスイーツは、お取り寄せもできる伝統のウィーン菓子

ここでは、銀座ハプスブルクのスイーツについてご紹介します♪
[adsense]

銀座ハプスブルクの紹介♪

銀座ハプスブルク ポップでカジュアルな内装のパンケーキのお店などとは違って、銀座ハプスブルクは店内も重厚感が溢れています。

ハプスブルクとは オーストリアの貴族の名称で、フランス王妃になったマリーアントワネットもハプスブルク家の一人ですよね。

ヨーロッパでは、古くから貴族のために美味しいお菓子がたくさん作られていて、現在でも伝統菓子として食べられています。
銀座ハプスブルクのクッキーやケーキ 銀座ハプスブルクのクッキーやケーキもウィーンの一流ホテルで修行を積んだ神田真吾シェフが監修。

ウィーン菓子と言えば「ザッハトルテ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ザッハトルテは、チョコレート生地に 糖化したチョコレートがかけられた伝統のウィーン菓子です。

有名なザッハトルテをはじめ 話題のクッキーやケーキなど、伝統のウィーン菓子を堪能できるのは【銀座ハプスブルク】だけですよ!!

お取り寄せもできる!!

銀座ハプスブルクのクッキーやケーキ お取り寄せが可能なのは、ファイルヒェン・テーベッカライ(クライン/グロース)の詰め合わせ等、焼き菓子が中心。

本場、オーストリアから取り寄せた小麦粉を使って作られたクッキーなので より本場に近い味を楽しむことができますよ!

美味しい紅茶を煎れて本場ウィーンやハプスブル家に思いをはせながら食べたら 素敵な気分になれそうですね。

是非ご賞味あれ♪(^v^)/

【観音屋】のチーズケーキが人気!! 大阪や神戸、お取り寄せで買える!!

観音屋のチーズケーキ スイーツ
観音屋は、関西で有名なチーズケーキのお店で、大阪や神戸にお店がある人気店です。

お店は「本町本店」、「ハーバーランドモザイク店」、「神戸ターミナルスイーツコーナー」、「JR神戸駅アントレマルシェ店」があります。

近場に観音屋が無い場合でも、通販のお取り寄せ【観音屋】のチーズケーキを購入することも可能ですよ。
[adsense]

観音屋の紹介

観音屋のチーズケーキ 観音屋の創業は1975年。

ヨーロッパアンティーク調の店内に観音様が鎮座している、美味しいチーズケーキとチーズ料理が自慢のお店です。

観音屋という名前の由来は、先代の店主が観音様を信仰していたから。

「お客様に幸せが訪れるように…」という気持ちを込めて、先代が店内に観音様を置いていたようです。

観音屋のチーズケーキについて

観音屋のチーズケーキ 観音屋は、あつあつのチーズケーキとチーズ料理のお店なのでチーズ好きにはたまらないです!

観音屋のチーズケーキは、オーブントースターで3~5分焼いて、熱々を食べるのが美味しい食べ方です。

焼くと表面に気泡が出てチーズが流れ出てきそうになるのが、もう、たまりません!!

今までも多くの雑誌やテレビに取り上げられてきたチーズケーキなので、スイーツ好きの方はご存知かも知れませんね。
観音屋のチーズケーキ 最近 テレビで紹介されたことで予約が殺到し、現在は1ヶ月半待ちのようです。

さすが1台1台手作りしているだけあって、決まった数しか製造できないんですね。

届くのは、1ヶ月以上待ちそうですが、気長に待っても食べたい一品ではないでしょうか?

楽天市場などの通販でも購入できる!!

観音屋のチーズケーキ 観音屋は、楽天市場にもショップがありますが、楽天市場も同様に1ヶ月半待ちとなっています。

ですが、注文だけして あとは待っておけばいいので、お取り寄せで買えるのは嬉しいですね♪

ぜひチェックしてみてください♪

【ハーゲンダッツ】 オペラ味の値段やカロリーは?

ハーゲンダッツのオペラ アイス
ハーゲンダッツの2014年冬の新作は「オペラ味」!!

私、フランス菓子が大好きなので よくお気に入りのパティスリーに行って買うんです♪

特にお気に入りなのが 濃厚なショコラで作られた ハーゲンダッツのオペラ味

値段やカロリー後半で♪
[adsense]

ハーゲンダッツ オペラの紹介♪

ハーゲンダッツのオペラ味 フランス菓子のオペラがそのまま、ハーゲンダッツのアイスクリームになりましたよ!

ハーゲンダッツのオペラ味は、コンビニとオンラインショッピングでしか買うことができない限定商品です。

蓋をあけるとチョコソースが輝いていて、上には金箔がかかっていてとってもゴージャス☆

中は層になっていて、チョコレートソース、マカダミアナッツの入ったバタークリームのアイス、コーヒーシロップが染みこんだクッキー生地で構成されています。

ほろ苦いチョコレートのソースと甘めのコーヒーバタークリームアイスのハーモニーが絶妙です。

甘いだけのアイスクリームでは満足できない大人のためのアイスクリームですね。

カロリーや値段は?

ハーゲンダッツのオペラ味 カロリーは、254kcalで見た目やフレーバーの重厚さを考えたら思ったほどのカロリーではないですね。

値段は税込432円です!

いつもは、ハーゲンダッツのチョコ味を好んで食べていますが、このオペラは必ず一度は食べて欲しいですね。

わざわざパティスリーまで足を運ばなくても近所のコンビニまで行けば美味しいオペラを食べたような気持ちになれますからお勧めです。

【カンノーロ】ボンドルフィボンカフェのシチリア伝統菓子が話題!!

ボンドルフィボンカフェ スイーツ
代官山ってお洒落な街で、一日中散歩したりカフェのテラス席で美味しいお茶を楽しむのもいいですよね。

そんな東京の代官山のテノハ代官山の中に「ボンドルフィボンカフェ」がオープンしました。

ここでは、ボンドルフィボンカフェのシチリア伝統菓子【カンノーロ】をご紹介します。
[adsense]

ボンドルフィボンカフェの紹介

ボンドルフィボンカフェ ボンドルフィボンカフェとは、イタリアの老舗のバールのこと。

イタリアのローマに1855年から続く名店ですが、アメリカやフランスにコーヒー豆を輸出するようなお仕事もしている会社です。

テレビでも紹介されました!!

ボンドルフィボンカフェ ◆「スッキリ!!」 2015/02/26放送
人気カフェを巡るコーナーで紹介されました。

◆「グッド!モーニング」 2015/02/11放送
新スタイルのこだわりのコーヒーを特集した際に紹介されました。

◆「ZIP!」 2015/02/10放送
大人気コーヒーショップを特集したコーナーで紹介されました。

◆「ヒルナンデス!」 2015/01/26放送
番組内ランキングにて、今話題のスポットとして紹介されました。

◆「バイキング」 2014/12/11放送
話題の人と話題のスポットを訪れた特集で紹介されました。

シチリアの伝統菓子「カンノーロ」について

ボンドルフィボンカフェのカンノーロ 話題のシチリア伝統菓子である「カンノーロ」は430円の人気のお菓子です。

カンノーロは、伝統菓子ですから、洗練されたデザインという訳ではありません。

筒状の生地の中にリコッタチーズで作ったクリームが詰まっているお菓子です。

イタリアに旅行に行った方は、日本でカンノーロを探してもなかなか美味しいものが見つからなくてがっかりしていました。

しかし、ボンドルフィボンカフェができたことで日本でも美味しいカンノーロが食べられるようになったので要チェック!

飲みものは、エスプレッソなどのコーヒーからフレッシュジュース、アルコール類まで取り揃えられています。


ボンドルフィボンカフェは、代官山に遊びに行く際には、必ずチェックしたいお店ですね。